エキスパンションジョイント

ベローズ型エキスパンションジョイントが出来るまで

ステンレス製の薄板材料をパイプ形状にし、液圧成形やウレタン成形・ロール成形といった特殊技術を用いて
連続したヒダをつけます。
その後、種類によっては熱処理や酸洗いなどを施しベローズが完成します。
ベローズにフランジを溶接または機械加工で取り付けしセットボルト、内筒等を取り付けて完成です。

ベローズ型エキスパンションジョイント特性

・完全なシール性を確保している。
・十分な伸縮性と伸縮回数が選択できる
・耐熱、耐圧、耐食等あらゆる使用条件に適した構造が選択できる。
・配管スペース簡素化でき配管コストを削減できる。
・メンテナンスが容易

適応液体

ガス・排ガス・焼却ガス・空気・高温空気・油・冷温水・蒸気・灰・珪砂など

ベローズ型エキスパンションジョイント推奨使用方法

・排気ガスの振動吸収
・煙道、ダクト等の伸縮吸収
・ボイラチューブと管板の接続